フェイスブック「よくないねボタン」導入?


フェイスブックには良くないねボタンが無いので、ネガティブなことは広がりにくくなってます。

ってフェイスブックセミナーでよく話す話題です。

が、昨日流れてきた情報を見てビックリ。

「フェイスブックに良くないねボタンが登場予定!」

友人に冗談で「良くないねボタンがあったら押したい」とかは言いますが、ほんとに押されたら絶対へこむし、もめますよ。そういうボタンがあるツールはたいてい揉めている。

フェイスブック作ったマークさんの主旨と違う気がするな~と記事をよく読んでみると。

「Like」(いいね)だけでは表現できない時がある。たとえば「災害」だったり「体調不良」や「死去」など。でも「共感」は伝えたい、でも「いいね!」は押しにくい。

マークさんが、実際にユーザーがどのボタンを押したらいいか戸惑っている。そんな状況を目にして、第3の方法を可能にするためのボタンの追加を考えている、というような話題でした。

決して「不満を表すためのものではなく、共感を表現する手段のひとつ」という主旨のようですね。

英語では「Like」、日本語では「いいね」、、他国ではまた違うのでしょう。

あまりボタンを増えすぎるのは、どうかなと思いますが、あと1つ、、増えるとしたらどんな言葉が適当なのでしょうね(^^)

明日は延岡でよろず支援拠点主催のフェイスブックセミナーです。

iine
 

柳本明子

柳本明子

株式会社ウェブサイト代表をしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)